症状別

美肌・しみ・そばかす・あざ

美肌・毛穴の開き・くすみ・ざらつきの治療方法

うすいしみ・小じわ、小さなニキビ・ニキビ跡、毛穴の開き、くま、くすみ、赤み、お肌のくすみ、ざらつきなど気になる点を改善し、今以上の美肌・美白をめざします。
毛穴の開きには皮脂の分泌過剰、皮脂の酸化、加齢による肌のたるみ、乾燥、脂漏性皮膚炎などが挙げられます。お肌の状態にあわせて適切な方法を選択しおすすめします。

しみ・そばかす・あざの種類とその治療方法

しみは紫外線の影響が主な原因となりますが、加齢に伴う皮膚の新陳代謝の乱れ、ストレスや睡眠不足、食品添加物、ミネラル、ビタミン不足など、様々なことが原因で発生します。しみの種類はさまざまなものがあるため、しっかりカウンセリングを行うと共に診断し、症状に応じた治療をおこないます。

老人性色素斑

紫外線が原因となった加齢性のしみです。大小様々な丸い色素沈着です。若い頃から日焼けをしていた人ほどできやすい傾向があります。

肝斑

頬骨や鼻の下あたり、額に比較的左右対称にできるぼんやりとしたくすみのようなしみです。ホルモンや摩擦の関与がいわれています。 30~40代の女性にできやすいと言われています。

雀卵斑(そばかす)

幼少時より見られ、小さな斑点が鼻を中心に散らばったような感じで出る症状です。

太田母斑・遅発性太田母斑様色素斑

額、目のまわり、頬などに生まれつきある深い青紫色のアザで、日本人に多いと言われています。生後間もなく出現するものと、30~40才代以降にできる遅発性のものがあります。遅発性のものは比較的左右対称にできるので肝斑とまちがえられやすいアザです。

脂漏性角化症

イボ状に盛り上がった感じの光老化による赤褐色~コゲ茶色のシミです。粘土細工を平たくはりつけたような感じですが、徐々に盛り上がって大きくなってきます。

扁平母斑

幼少時からみられる茶色の境界明瞭なあざです。

くま

くまの種類とその治療方法

くまの原因はさまざまです。原因によって治療法が異なります。
血行が悪い方は酸素の少ない青黒い血液が滞ってしまっている場合、メイクやアレルギー疾患などによる色素沈着の場合、眼周囲のおちこみによるたるみの場合があります。色素沈着とたるみを合併していることが多いので、診察により適切かつ効果の高い治療方法をおすすめします。

血行不良によるうっ滞が原因の場合
炎症後色素沈着が原因の場合
老化による眼周囲のたるみの場合

しわ・たるみ

しわ・たるみの種類とその治療方法

真皮層に作用するジェネシスやタイタンなどのレーザー治療に、新たにたるみ治療のサーマクールCPTが加わりました。その他、ボトックスやヒアルロン酸などの注射をお勧めすることもあります。加齢によるお肌の複合的なお悩みにはさまざまの治療をあわせて行った方がよいこともありますので、しっかりお悩みをお聞きし、予算などをご相談の上、必要な治療をお勧めしていきます。

皮ふがたるんでできる「たるみ」
  • ジェネシス
  • サーマクール
  • タイタン
  • ヒアルロン酸
  • レディエッセ
動かすことによってできる「しわ」
  • ボトックス
表面にある「ちりめんじわ」
  • ジェネシス
  • イオン超音波導入
  • ボトックス

にきび・にきび跡

にきび・にきび跡の種類とその治療方法

炎症性のにきびが多発している方、にきびのあとが特に目立つ方、コメドというにきびのもとが多発している方、などひとりひとり症状が違います。症状を診断して治療法を選択しているので、高い治療効果が得られます。当院では保険診療の他、ピーリング、光治療、ビタミンC+Eローション、レチノイン酸+ハイドロキノン外用薬などの併用で相乗効果を出すようにしていきます。

炎症性にきびが多発している場合
コメドが多くザラザラしたお肌の場合
にきび跡の赤みが目立つ場合
にきび跡の炎症後色素沈着(茶み)が目立つ場合
にきび跡の凸凹が気になる場合

ほくろ・いぼ

ほくろやいぼを取り除くと、お顔の印象が大きく変わります。
レーザーで切除する場合、局所麻酔の痛みの他あとは痛みはほとんどなく、施術部分には凹んだ傷跡が残りますが、短時間で簡単に取り除くことができます。また、皮膚を切開しないので出血することもほとんどなく、その後のメンテナンスも7~10日間のテープ貼布のみで簡単です。

ほくろ・いぼの治療方法

炭酸ガスレーザーは、水を含んだ組織にレーザーが吸収され、組織を蒸散することでほくろやいぼなどを取り除いていくレーザーです。手術に比べ、痛み・傷跡も小さく、出血もほぼみられず、通院の必要もありません。

赤ら顔・毛細血管拡張症

治療方法

頬や鼻のまわりの赤みが気になられる方には全体的な赤みをとり除くジェネシスがおすすめです。部分的な赤みをとり除くには、ロングパルスYAGレーザーで治療可能です。 ロングパルスYAGレーザーは老人性血管腫にも効果的です。

脱毛

詳しくはこちら