Topics

2022.07.07

【修正】4回目のコロナウイルスワクチン接種について

4回目接種では、新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化予防を目的としています。

接種券(問診票)がお手元に届いた時点で接種・予約可能です。

発送の状況はこちらで確認できます。

 

ワクチンの種類が増えましたが、

現時点は当院では基本的にファイザー社コミナティのみの接種予定です。

【重要】

今回、ご予約なしで、ご来院頂ければ、そのまま接種を行います。【ただし、7/21以降対応となります。また、ファイザーは個数制限が厳しいので、希望モデルナ対応になります。

接種券に体温を測定しすべて記入の上でご来院ください。

診察順番通りに接種を行います。

もちろん、電話でのご予約も承っておりますので、後日ご予約希望の方はお電話下さい。

 

接種対象者

3回目接種から5か月経過した市民で、いずれかの方

  1. 60歳以上の方
  2. 18歳以上60歳未満で、
    基礎疾患を有する方
    その他新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方

注1 上記2の方は、「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の努力義務は適用されません。

注2 基礎疾患を有する方の定義については、添付ファイルをご確認ください。

定義

基礎疾患を有する方の定義 (PDF形式, 104.87KB)

18歳以上60歳未満の接種対象者のうち一部の方接種券の発行申請が必要です。

発行申請が必要な方

4回目接種の対象者で、接種を希望される方のうち、

以下のいずれかに該当する方は接種券の発行申請が必要です。

  1.  3回目接種済みの18歳以上60歳未満で、基礎疾患を有する方その他重症化リスクが高いと医師が認める方
    ただし、以下のいずれかに該当する場合は申請不要
    障害者手帳をお持ちの方、自立支援医療・特定医療費などを受給している方(令和4年5月30日時点で有効なものをお持ちの方)
    1・2回目接種の予診票の「基礎疾患を有する」にチェックをした方
  2.  海外で3回目接種を受けた方、市外(国内)で3回目の接種を受けた後、他市町村への転出入を経て名古屋市に転入した方
  3.  その他、接種券発送スケジュールを過ぎても接種券が届かない方
  4.  4回目の接種券を紛失・破損した方、4回目の接種券を接種に使わず医師との相談(予診)のみで使用した方(接種券の再発行)