ヒアルロン酸注入

しわ・たるみの気になる部分にヒアルロン酸を注入することによって、しわを埋めたり、皮膚の内側から押し上げ法令線や眼のまわりのくぼみなどを目立たなくする効果があります。当院では厚生労働省、米国FDAや欧州CEなどで認可されているより安全なヒアルロン酸を使用しておりますので、ご安心してお受けいただけます。

  • 法令線、目のまわりのくぼみなど、表情の動きによってできるしわ以外のしわ・たるみの気になる方
  • 鼻を高くしたり、口唇を厚くしたり、形を整えたい方

ジュビダームビスタ(アラガン・ジャパン・厚生労働省承認)

ジュビダームビスタボリューマXC

ジュビダームビスタボリューマXCは厚生労働省認可ヒアルロン酸ジュビダームビスタシリーズの1つです。
中顔面、下顎部、こめかみの減少したボリュームを増大するため、皮下、骨膜上深部へ注入して使用される目的として製造販売が承認された」最新のヒアルロン酸です。
治療効果が最長24ヶ月間持続するという長い持続力が特徴です。

ジュビダームビスタボリューマXCの5つの特徴

長期持続性

治療効果が約2年間持続し、高い満足感を長期にわたり維持できることが期待できます。

成形性

注入直後の優れた成形性により、思い描くラインの成形を実現しやすくなります。

低吸水性

水分を吸収しにくいため、より注入時のイメージに沿った仕上がりが期待できます。

ボリュームアップに適したリフト力

弾性と凝集性のバランスにより、ボリュームアップに適したリフト力を維持します。

組織親和性

お顔の組織になじみやすく、表情に合わせた自然な仕上がりが可能となります。

ジュビダームビスタボリフトXC

ジュビダームビスタボリフトXCは、厚生労働省認可ヒアルロン酸注入剤ジュビダームビスタシリーズのひとつで、なめらかで自然な仕上がりが期待できます。
ボリフトXCは、浅い層に注入することができるように柔らかく作られており、しわや溝の下などに注入ししわや溝を下から上に持ち上げる治療に使用されます。
皮膚表面の浅い層に注入するため、ボリフトXCを注入すると皮膚表面付近にヒアルロン酸の量が多くなり、皮膚組織となじみ、皮膚が潤い、肌につやが生まれます。
ボリフトXCは柔らかいヒアルロン酸のため、ヒアルロン酸の濃度が低いですが、治療効果は約12~18ヶ月持続します。

ジュビダームビスタボリフトXCの4つの特徴

変形しにくく、自然な仕上がりをキープ

VYCROSS®技術により、吸収されにくく持続性がアップし、膨潤しにくい「低吸水性」の実現により、注入後も変形しにくく自然な仕上がりをキープします。

長期間効果が持続

ジュビダームビスタボリフトは、ヒアルロン酸濃度が低いにもかかわらず、12~18ヶ月にわたって効果が持続します。

使用目的・部位に適したリフト力

弾性と凝集性のバランスにより症状に適したリフト力を維持できます。

組織親和性

お顔の組織になじみやすく、表情に合わせた自然な仕上がりが可能となります。

基本的に『垂れ下がる・たるむ・深くなる』の部分にボリューマ、『へこむ』の部分にボリフトを注入します。(個人によって適応が変わります)

ジュビダームビスタ®は、適正かつ安全な使用を目的として、使用医師を限定しております。

当院では、院長がジュビダームビスタ®講習セミナーを受講し、その修了証を取得しています。

開発元であるアラガン社が認定した医師による注入ですので、ご安心してお受けいただけます。

TEOSYAL RHA1

テオシアルRHA1は、シリーズ中最もやわらかい、人の体内にもともと存在している天然のヒアルロン酸に非常に近いジェル状のヒアルロン酸です。

最新のヒアルロン酸の架橋方法で1.9%と低い架橋率でも比較的長期効果を保ちます。

表情に合わせて順応する伸張性と弾力性があるため、動かしても自然な形状を保つことができ、よく動かす目のまわりのクマや口のまわりのたるみ、額、首の表面の細かいしわ・たるみの改善に最適です。

また、柔軟性が高いため、皮膚の内部でしこりになりにくいことも特徴の一つです。

リドカイン麻酔入りなので痛みもほとんど気になりません。

こでまりクリニックのヒアルロン酸のこだわり
痛みを少なく、施術後の出血斑・針跡をなくすために

目の下や、額など浅い部分に注入する際使用するカニューレ(鈍針)です。局所麻酔のわずかな痛みのみで針跡も1部位につき1か所のみなので、施術時の痛みもほぼなく、施術後の合併症も起こりにくくなります。

施術後の針跡を目立たなくしたり、内出血(青あざ)を予防するために

《ケラスキンchelaskin》
ラクトフェリンという糖タンパクが鉄キレート作用によって施術後に生じるあざを予防したり除去します。さらに、細胞外マトリックスを分解する酵素であるメタロプロテアーゼに対するキレート作用により、ヒアルロン酸の効果を延長したり、皮膚のハリ感を改善したりする効果もあります。

ヒアルロニダーゼ

ヒアルロニダーゼとは、注入したヒアルロン酸を分解する酵素です。
ヒアルロン酸注入後、凸凹や注入過多、見た目が不自然、希望通りの仕上がりではないという方は、ヒアルロニダーゼを注射することでヒアルロン酸を減らす、あるいは無くすことによって改善します。
注射後、早い方は1日で分解されて元に戻ります。
注入したヒアルロン酸の種類や量、注入の仕方によっては、完全になくすためには複数回の注入が必要な場合があります。
当院では、FDA承認・ヒト遺伝子組み換え型ヒアルロニダーゼ【ヒレネックス】を使用しています。

  • ヒアルロニダーゼ注射後のヒアルロン酸注入は、1週間は空けていただいております。
    目の下については皮膚が非常に薄いので、分解後の皮膚が馴染むまで2週間は空けていただきます。
  • 1箇所に多量のヒアルロン酸を注入している場合は、分解したことによりたるんだようにみえる場合があります。
  • まれに、アレルギー反応がでて赤く腫れる場合があります。
  • ヒアルロン酸以外や他物質が混合されていた場合は溶解できません。
  • 仕上がりが不自然
  • ヒアルロン酸を注入した箇所が目立つ
  • ヒアルロン酸が凸凹している
  • ヒアルロン酸を注入したことによって顔全体のバランスが悪くなった
  • イメージと違った

料金はこちら