一般皮膚科

一般皮膚科

皮膚に関すること全般の治療を行います。

こんなお悩みの方に

湿疹(しっしん)、アトピー性皮膚炎、かぶれ、じんましん、にきび・にきび跡、いぼ、とびひ、水いぼ、口唇ヘルペス・帯状疱疹、やけど、皮膚腫瘍(できもの)、ほくろ、水虫・爪水虫、巻き爪、傷跡の赤み盛り上がり など

湿疹・皮ふ炎

じんましん、乾燥肌、アトピー性皮膚炎、手あれ、あせも、おむつかぶれ、乳児湿疹、かぶれ、脂漏性皮膚炎、フケ、口内炎・口角炎、しもやけ、日焼け など

湿疹・皮ふ炎

アレルギーやかぶれなど様々な原因で起こる皮膚症状でカサカサした赤みやかゆみを伴うことが多いです。場所や症状に合ったぬり薬で治療します。症状やかゆみが強い場合は、のみ薬を併用することもあります。

じんましん

かゆみを伴って、24時間以内に消えてはまた出て、を繰り返す蚊に刺されたような赤い膨疹です。原因はわからない特発性がほとんどを占めます。抗アレルギー剤の内服がしばらく必要となります。疑いのある原因がある場合のみ血液検査を行います。

アトピー性皮膚炎

遺伝的な疾患と考えられており、近年増加が著しく、見た目ですぐわかるためお悩みの方も多くみられます。皮膚のバリアが低下し、乾燥し、炎症を起こすため皮膚のかゆみが起こり、かきむしるため、悪循環に陥り、悪化を繰り返す病気です。かゆみのために、不眠や集中力低下などをきたし、日常生活に支障をきたすことも多くみられます。一生の間、増悪緩解を繰り返すため、うまく付き合っていかなければなりません。

当院ではアトピー性皮膚炎の治療は日本皮膚科学会のガイドラインに沿ったスタンダートな治療方法を行っています。根本治療はないため、対症的な治療となります。

3大治療方針として、

  1. 乾燥に対し、保湿によるスキンケア 
  2. 炎症に対し、ステロイド外用剤もしくはプロトピック®の塗付 
  3. かゆみに対し、抗アレルギー剤の投与

を治療の基本柱として行っており、自分でコントロールするすべを身に着けて頂きます。他、難治性の場合、皮膚を補助的に強化するビタミン類や漢方薬の投与を行ったり、ロングパルスヤグレーザーの施術などを追加治療としてご提示しています。

また、湿疹後の茶色の炎症後色素沈着の気になられる方に対し、ビタミン剤の内服のほか、自費でビタミン含有ローションやイオン導入などのご相談もさせていただいております。 

スキンケアの重要性については特に力を入れており、スタッフからも繰り返しきちんとできるようになるまで、『塗り方のスキンケア指導』をしています。

注意:ときどき、患者様から「ステロイドは使いたくない、ステロイドを使わないで治療して欲しい」と要望されることがあります。ステロイド軟膏は皮膚の炎症を抑えるには大変優れた薬剤であると考えており、基本的に必要であれば塗布することをお勧めしますが、ご希望に応じ、できる限り強く効力を抑えたものを選択したり短期間にしたりなどの対応をしています。

皮ふ感染症

にきび、水虫、いぼ(尋常性ゆうぜい)、水イボ、とびひ、アタマジラミ、ヘルペス、帯状疱疹

にきび

ニキビは皮脂腺・毛穴のつまりによるアクネ菌を含めた細菌の繁殖で起こります。 原因は多岐にわたり、ホルモン、ストレス、紫外線、生活環境、化粧品、髪の毛、食事、タバコなどです。やがて膿みが大きくなって潰れるとクレーターのようなニキビあとになって残ってしまいます。当院では抗生剤やビタミンB2・B6・Cののみ薬と、抗生剤のぬり薬や毛穴のつまりをとる作用のあるディフェリンゲル、ベピオゲルなどのぬり薬を、お肌の状態をみて、調整しながら長期行っていき、ニキビになりやすいお肌自体を改善していきます。大きなニキビは、中のつまりを押し出す面圧という処置を行います。数ヶ月継続してもなかなか改善しない方や、 早期の改善をご希望の方には、クリニカルスパでの保険外診療のメディカルコスメ光レーザー治療などもお勧めしています。

水虫

水虫は真菌(かび)の感染症で、特に足や手、爪、などに感染します。おふろの足マットなどを介した家族内感染も多くみられます。 カサカサになったり、逆にジュクジュクしてかゆみを伴う場合があります。 真菌の検査の後、ぬり薬もしくはのみ薬の治療を行います。 症状がなくなってからも約1ヶ月程度塗り続けて予防すると再発しにくくなります。

爪水虫

爪にかびがつくと、白く濁り、爪が厚くなってきます。ぬり薬では良くならず、のみ薬による治療が必要です。 毎日内服する方法のほか、パルス療法という月に1週間内服し3週間休養するを3ヶ月間くり返す効果の高い治療方法があります。 ともに肝機能が悪くなることがあるので、採血での経過観察が必要です。 肝機能障害のため、また、他の病気の治療のため内服治療ができない方には、保険外でレーザーリネイルという治療方法も有効です。

手足のいぼ

手指や足の裏にできるうつるイボは尋常性ゆうぜいと言ってウイルス感染によるものです。治さなければ、うつって全身どこにでもひろがってしまいます。また他人にもうつしてしまうため、積極的に治療をしなければいけません。治療は、液体窒素でイボ組織を丸ごと焼いてかさぶたにして取り除く方法で、治るまで10-14日に一度の通院が必要です。回数は大きさや数が多ければ多いほどかかります。液体窒素の治療を長期にわたって(半年~1年以上)治療してもなかなか治らない場合は、部位や個数によっては保険外でレーザー治療が効果を奏する場合もありますのでご相談下さい。ただし、レーザー治療は液体窒素よりもかなり痛みが強く、2~数回の治療が必要なことがほとんどです。

水いぼ

ウイルス感染による病気で、小さいつるっと光った丸いイボで、全身どこにでも広がります。 つぶすと白いかたまりが出てきて、この中にウイルスが含まれているので、これを除去することが最も手っ取り早い治療です。 専用のピンセットを使って一つ一つの水イボをとり除きます。 水イボは自然に治ることもあるので、積極的に治療するか様子をみられるか、保護者の方に治療法を決定していただきます。 ただし、夏は学校や公共のプールなどに入れないことや移しやすくなるが多いので、積極的な除去をお勧めしています。

とびひ

あせもや虫刺され、擦り傷などに細菌が感染してじゅくじゅくした湿疹がひろがっていく夏に多い湿疹です。 次々に化膿した病変が火の粉が飛ぶように広がることから、この病名がついています。 シャワーで汚れを優しく洗い落とし、抗生剤ののみ薬とともに、炎症を抑えるぬり薬をリント布で湿布のように貼ることで早く良くなります。

外傷

やけど、すり傷、虫さされ

やけど

特殊な保護剤を用いて湿潤療法を行っています。感染の見られる場合、抗生剤の内服・塗布を行います。広範囲もしくは深い場合には、専門病院に紹介させて頂いてます。

皮ふのできもの

ほくろ、いぼ、粉瘤

ほくろ

小さいものはくりぬき法、たくさんある方には保険外で炭酸ガスレーザーでの治療を行っております。5mm以上の大きさのものは切開縫合をおすすめしているため、専門病院に紹介させて頂いております。

顔のいぼ

主にこめかみや顔まわりに多くみられる黒茶褐色の盛り上がりのあるできもので、脂漏性角化症(老人性ゆうぜい)という老化による角化性のイボです。ある程度の大きさ(綿棒の先以上の大きさ)のものは液体窒素で治療します。7-10日位でかさぶたがとれて平らになるまで月2-3回のペースで繰り返し治療を行います。治療後に赤みと炎症後色素沈着という茶しみになることがあるので、治療中は日焼け止めの使用が必須です。

多数の小さいものがある方にはCO2レーザーによる治療をお勧めしていますが、ダウンタイムがあるため、ご理解いただいた方のみお受けいただいております。

首のいぼ

首に小さくできるイボは皮膚がたるんでできる老化によるイボです。 液体窒素やレーザーで焼く方法もありますが、焼く方法ではやけど状の跡が茶色にしばらく残ってしまいます。 当院では、基本的には、傷跡が比較的残りにくい医療用のハサミで1個づつ切除していく方法で治療します。

顔・首のいぼ共に

ひとつひとつが小さかったり、数が多かったりする場合には、保険外で炭酸ガスレーザーでの治療をお勧めしています。 炭酸ガスレーザーをうけた直後からイボがなくなりますが、翌日から赤み腫れ感が出て、照射後約7日間は赤みやかさぶたを伴います。 また、施術後のケアを怠ったり、強い紫外線をあびたりすると、また肌質によっては炎症後色素沈着というしみになることがあります。 その場合、自然に数ヶ月程度で改善してきますが、早く治す手助けとして、内服薬を処方したり、メディカルコスメで治療を行います。

爪の病気

巻き爪(陥入爪)、爪水虫

巻き爪

ブレイスクイック超弾性ワイヤーフックによる爪矯正治療

爪水虫

レーザーリネイル

多汗症
多汗症

脇の下に汗を多くかくため、日常生活に支障がでて困っていらっしゃる方に、 保険外でアルミニウム製剤(こでまりデオドラントローション)を処方しています。 常時汗が多い方もいれば、緊張することにより汗が増える方もみえますが、両者とも多汗症に当てはまり、治療の適応となります。 その治療に反応しない方は、ボトックス注射の適応になります。

こちらは共に保険診療外となります。